.Eden Of The Matrix


-----------------------------------------


 「まず量を求め、それから質を求める。
 かき集めてから取捨選択し、純度を上げていくのだ。」


-----------------------------------------



・2008年は我ながらよく更新した!
2009年もやるよ


・VIPER PHASE 1(AC)
1995年のアーケードゲーム
今更すぎるが
スターフォースと雷電を足して割った内容

いいところ
 飽きないステージ展開
 強いサブウェポンが敵を一掃するのが気持ちいい

悪いところ
 敵が固い上に連射がないので超疲れる(スターフォースですらあるのに!)
 敵の攻撃にあまり特徴がないので避ける楽しみがない
 サブウェポンのエネルギーがなさ過ぎる(フル連射で約5秒)上にアイテムもなかなか出ない
 ついでにメインウェポンだけを発射するボタンはない
 撃たないと死ぬ

難しいところ
 ボス戦で上から出てくるザコ戦闘機のせいでボスの難易度が4倍に

NEW VERSIONはやってないので分かりませんが
5秒から無限とは極端な話だなあ、とか


・有野の挑戦状(DS)
レトロゲーマー狙い撃ちの内容
ゲームそれぞれは小粒な出来だがプレイ中に合いの手が入るのが最高
(単品で遊ぶと空しいということに気付いてしまう)
下画面と合わせて旧時代の雰囲気満点
レトロゲームを楽しむのではなく雰囲気を楽しむゲームなので
そういう意味では極上

せっかく二人いるんだから同時プレイとか、経験値稼いでおいてもらう(有野は
やってくれなそう)とかあってもよかったんじゃね
あとクソゲーやらされるとか・・


・BomberBomber外伝(フリーソフト)
遊んだのは少し前だけど言及してなかったので
某横スクロールシューティングのクローンっぽいゲームだが
とてもいい出来だと思う
少なくとも全ルート制覇するまでは普通に遊べるし
その後でも適当に起動したり難易度変えたりしてゆるく楽しめる
元々デザインから何から脱力系なので力を入れる必要がなく
まったりできて実に良い感じ

この製作者は他にも色々ゲームを作っていてそれを見ると
ある程度ルーツが分かるがとりあえず今の所このタイトルが
ずば抜けて完成度が高いのでお勧めする


・デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王(PS2)
魔人ホワイトライダーで嫌になった
多分前作の数倍は面白い


・ドラゴンクエスト5(DS)
非の打ち所のない移植
ドラクエは毎回いい移植をするが今回もすごい出来

とは言え、ドラクエ5自体がシリーズの中でも微妙な存在で
中盤まではすごく面白いのが先に進むにつれてどんどん尻すぼみになっていくのは
今回も変わらない
のでやればやるほどどうでもよくなっていく
魔界行ってからは完全に単純作業の消化試合

いい加減に凍てつく波動と賢者の石は廃止すればいいのに

そうそう、デボラはいいキャラですよ
僕は気に入りました


・TWilight refrAIN(同人)
よく見たらトワイライトリフレインでした
ずっとリファインだと思ってた

エンディング全部埋めた
我ながらよくやったと思う
(シナリオ・・・兄貴の一人勝ち。もういいよお前らとっとと結婚しろ)

このゲームの特筆すべき点としてコンティニューというかデータセーブの概念があるが
もうちょっと前面に押し出してもよかったのではないかと思う
リプレイに含まれているので気付かなすぎる
ゲームをもっと気楽に遊ばせようとするこの手のシステムは大歓迎


・おさわり探偵小沢里奈(DS)
雰囲気を楽しむ作品
ゲーム内容は普通、というか地味(地道?)ついでにかったるい

作品そのものがファンアイテムといった感じ


・サンダーフォース6(PS2)
3時間ぐらいやった


・悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印(DS)
いつも通りの内容
クリアまでは熱中できる

両手からレーザーを出し始めるとそれ以外のことをしなくなってしまう


・MTGアラーラの断片
これが登場したことによりタイムスパイラルのカードがスタンダード落ちし、使えなくなった
とりあえずそのことが重要
さよなら、僕のテンポラルエクストーション・・・


・将棋は流行らなかった
理由、、、
運が絡まない、そう簡単に強くならない、一戦に時間がかかる(1時間はザラ)等々


・ハチワンの影響で将棋を始めてみた
将棋と言っても大々しくもなくゲームの一つといった風に
やってみると割とカードゲームなどに近い感じがする
そのターンに何をするか、一番得して相手に損害を与える手段は何かとかそういう辺り
で、
敵はハム将棋、K-shogi、ボナンザとあって(全部フリーソフト)
とりあえずハムを倒して今K-shogi初級なのだが勝てねー
10回やって1回も勝てねえ
どうすりゃ上達するのかよく分からんし
適当に戦ってても上手くなる気はしないので何らかの勉強が必要なのかも
勉強はやだなあ


・the one case(フリーソフト)
シューティングゲームビルダーで作られた縦スクロールシューティング
雑な所もあるがよく出来ている
とても気軽に遊べるいい作品
シューティングゲームはよくやるけど、気合入れて突き詰める気はしないとか
大量の弾幕に疲れたとかいう人にお勧め
エンジンのシステム含めて大雑把な所も多いがそういう所がさらに
気楽さを増しててとてもよい
最近のゲームはどれもきっちり作られすぎてていい加減な所が無いのが
逆に気疲れにもなるのでたまにはこういう作品が欲しくなる

と言ってもこの作品が適当という訳ではなく
しっかり作りこまれた上でさらに気軽な魅力がある
難易度や敵の動きや固さなども丁度良いし、サウンドとのリンクなども見事で
間延びする所もなく最後まで遊べてしまう
おまけのステージも本編に劣らず面白い

かつての名作ソニックシスターズに通じる所がある
かもしれない
とりあえず自分にとっては良作


・MTG
イーブンタイドの人気の無さは異常・・・誰もデッキ組まねえ
しょうがないので白黒のカードをあるだけ適当に纏めたデッキを作ったら
これが割と強いのだがやはり自分で組んだ感じはしないのです


・モカやべえ!すごい勢いでなくなる

 >モカだけ売り切れ
 ドルチェ・グストは湯沸し機にクラスチェンジした!

 やっぱりインスタントコーヒーでいいです

 湯沸し機どころか置物に
 当初の予想通りだけど


・イーブンタイド(MTG)
シャドムーもなんかパッとしなかったがそれ以上にパッとしない感じだ
ちょっと開けたけどとても若干がっかりするものばかりだよ
ヤギの出る土地とか何に使うんだ?

あと全体のことだが単価もうちょっと安くならないもんか
これぐらいじゃないと採算取れないのかなあ
紙なのに


・ライドウ&マニアクス(PS2?)
あぶねー、17000円でマニアクス買うとこだったよ
一度はポチったのがたまたまなかったことになった。本当に危なかった
4000円の里見の謎にしといて本当によかった

RPG好きさんは里見の謎をゆっくり楽しんでください
僕はいいんで

 里見の謎は普通のスーファミのRPGだったようです
 クソゲーではなかったみたいですよ


・新作の同人ゲームの情報はどこで仕入れればいいんだ?
シューティングのサイトだけは豊富だが

 http://bobcat18.net/cgi/wiki74/c74.cgi
 こんなものがあった
 ノベルが別だとなお良かったのだがこれで十分役に立つ


・エルカーエス氷(同人)
さー来ましたよこれ、すごいよ、やったよ
どういう反応すればいいのか分からないけど率直に言うなら嬉しいよ
元気出た
あとささやかな恥ずかしさと気まずさ(たぶんこれが醍醐味)

追加にしてはでかい規模、しかし新作までは行かない
どういう扱いになるのだろうか
追加ディスク? 何でもいいんじゃないでしょうか
僕は待つだけです

 >設定とか見た目とか
 そのまんまです
 黒十字という組織があってそこに入れてもらったようです。よかったね


・サンダーフォース6(PS2)
出たら絶対買う!!!!!!!!!111111111
って昔は言ってたけどこの現実味の無さは何故なのか
というか出るの早いなー

これが出たら残る希望はロックマンダッシュ3だけになるんだが
そろそろ潮時ということなのかも・・・

 >シューティングを愛する皆さん、どうかお願いです。
 >頼む、買ってくれ!
 どっかで聞いた台詞ですね
 全身から凄まじいオーラを放ってシューティングを愛さない人を虜にする
 ぐらいのパワー溢れるものを作ってくれると信じています

 紹介の記事を見たのだが、5のシャープなデザインではなくて
 3や4のベタなイメージに逆行した感じ
 5の続編みたいなものを想像してたのでちょっと予想外
 果たしてどうなるのか


・岩男9(Wii?)
正直あまり期待はしていない
が、全くそういうわけでもなく何らかの変化があればと思っている
しかしわざわざファミコン制限する理由も無いだろうに


・MTG
もうイーブンタイドかはやいな
何もかも早い
周りが早いんじゃなくて俺が遅いんだった
最近は青単もといアボ単を作ってみた
アボとはアボシャンのことでありここではセファリッドの警官のことである
アボデッキ=アボシャン万歳デッキである
神格の鋼をつけたり4/4飛行になって突撃したりする=アボ・スペシャル
アボ・スペシャルが決まると敵は投降するのだが基本的に弱い
勝率は低くアボ成功率に至っては1割程度であるが
一応何回かは決まったのでもう満足した
次は何だろう

つーか青命令強すぎだろ!カードパワー自重しろ!俺にもよこせ


・ゴールデンロア
まだ生きてる
始めてから10歳年取った
老練のとか言われた

 とうとう終わった
 情熱が無くなった
 よく頑張った、ゆっくり休んでくれ
 後に残ったのは100通を越える無機質なセルフスパムメール
 悪い思い出ではない


・幻霧ノ塔(DS)
何このウィザードリィをそのままコピーして安っぽくしたゲーム
と言いながら割と遊んでしまった
30時間ぐらいかけて6階まで
全員上級職にもなった(侍・パラディン・忍者・ドルイド)

しかし世界樹でもそうだったが次第に展開が遅くなって
面白さより辛さが効いてくる感じ・・・これも
6階ぐらいからとにかく進行が遅くなって
巨人の耳持って来いって所で嫌になって止まった

なかなか遊べるゲームだがやはり人には薦められない
インターフェースが悪いというのは言われているようだが
一番つらいのは前衛の攻撃が全く当たらないこと
眠らせるか、魔法でACを上げないとまず当たらない
敵の攻撃もその調子なので当たらない攻撃を互いに延々繰り返す
序盤からずっとその調子
魔法使いがいないとこのゲームはとても進められないだろう
戦士の攻撃が無条件で敵に当たるようになったのは6階から
テストプレイをしたのか疑問

ファミ通(まだあった)で評価が低いとか聞いたがそんなもんじゃないの?という感じ
しかしウィザードリィ的な面白さはあるし結構はまれる
ロストやエナジードレインはなく、蘇生は100%成功
戦闘中に呪文が不発することがある(やめてくれ)
敵も味方も奇襲がやけに多い
総じてウィザードリィ現代版と言った印象
好きな人にはたまらないかも


・東方地霊(同人)
体験版
いつもと同じ内容
強いて違いを上げるなら敵がかなり攻撃的な気がする
前2作より面白いかも
ゲームオーバー時に戻されるのはあまり好きではない
作品が進むごとに画像は確かに綺麗になっている、今回もそう思う

前作でキャラクタを一掃する、みたいなことを言っていた気がするが
結局出来なかったわけで
むしろ今回の作品を見るとそれとは逆にキャラクタを固める方向で進めていっている
ように見えるが東方はその方が合っていると思う

(僕が東方紅魔で最初に感じた魅力はそれとは真逆のものだったのですが
しかし今となっては)


・東方緋想(黄昏)
ストーリーモードは相変わらず敵が固くてあまり面白くないかもしれませんが
対戦は割と遊べると思います
このゲームで対戦しないのは意味が無いと思う


・シャドムーア(MTG)
全体的によく分からない、というか重い
重いのは好きじゃない・・ということで赤単バーンになった
どのデッキに対しても互角以上に戦えるがバーンの常として
行動が単調で飽きが早そうなのが弱点か

 黒相手に死亡寸前のところで前のターンに出した田舎の破壊者が
 土地を5枚飲み込んでクリティカルヒット
 「まだ俺のアップキープ・ステップは終了してないぜ!!」

 緑命令で7点回復されつつプロテクション赤を呼ばれるとほぼ憤死

 ロクソドンハンマーで殴られると致命的(バーンに限らないが)

 エバーラスティング・トーメント
 「プレイヤーはライフを得られない!」
 「はいバウンス」
 未だに役に立ったことがない
 期待はしている

 久しぶりに3ON3をやった
 味方のスモールポックス!
 壊滅的なダメージを受ける俺!

 死裂の剣デッキとグレイブパクトの凄まじい相性の良さ
 まさに蹂躙


・hack9(フリーソフト)
かなりやり込んでしまった
エンディングは両方とも見た
スクール水着も着せた
スク水を見せびらかしても艦内の人は何も言わなかった
きっとスルーする親切

洞窟ベースとは言え、とてもよく出来ている
しかしとても人に薦められるゲームではない
良いゲームだと思うし、やり込んだが、やはり人には薦められない
厳しすぎる

 ・唐突な即死が多い
 ・拠点以外でのリソースの回復手段がない
 ・緊急回避が存在しない

今風に例えて言うならアリアドネの糸の存在しない世界樹の迷宮のような
そんなバランス
ついでに稼がないと話にならない
不親切なゲーム?どんと来い!ぐらいの人ならいいかもしれないが・・
クリアまでに100回は死んでタイトルに戻されることだろう
それでもいいならやって損は無い、かもしれない
なかなかないゲームであるのは確か

 「ではまずスノートこと歩がコウモリを食うというのはどうでしょう」
 「ハァ!?」


・夜光蛾シリーズ(同人)

夜光蛾4
アキバブログの下僕「アキバブログ様で夜光蛾4が話題になったので買ったけど
やる気はないので買い取って下さい」
俺「・・・・」

この作者のゲームは昔フリーの奴をやったことがあった
凄まじいセンスだったのを覚えている
夜光蛾4もそのままそんな感じとは言えるがこの作者にしては随分とマイルドだ
作品の中でもかなりギャグ寄りと言える(前作をやってサイトを見た後の結論)
ゲームはとても丁寧な出来でシューティングをやる人なら問題なく遊べるだろう
難易度のつけ方の観点が面白い
確かにイージーの方が簡単なのだ
シューティングゲームとして特筆すべき所は特に無い
普通のシューティングとしか言えない
問題は相変わらずぶっ飛んだセンスの方だ
このセンスが受け入れられるかどうかでこのゲームが遊べるかどうかは決まるだろう
とりあえず全キャラでクリアはした
最後のキャラは苦労した
暇つぶしにはいい

夜光蛾3
サイトを見た所、前作は迷宮探索アクションゲームらしい
ガリウス、ドラスレWの系統・・・僕はその手のゲームが大好きなのだ
速攻DLサイトで買う
このゲームは寝食をやや忘れてハマった
夜光蛾4の5倍はハマったと言えよう
シューティングは(少なくともアマチュアゲームには)いくらでもある
しかしアクションは少ないのだ
しかもかなりの出来、、熱中しないはずがない
あと、なかなか怖い
これはとてもいいことだ
ストーリーもよく出来ている(気がする、やや毒されているので判断に自信は無い)
操作性やインターフェースも文句はない
アクション好きなら十分楽しめるのではなかろうか
あとはやはりセンスだが
作者のサイトを見ていけると思ったら問題はないだろう
探索アクション好きならおすすめ

 注意
 僕はこの作者の作家性(言動など)が割と気に入っているので
 評価に多少贔屓が入っているかもしれません

 パソコンによっては速攻重くなってゲームにならないことがあるかもしれません
 その場合パッドを挿してみると解決するかも


・ヘルシンカーと世界樹の迷宮2はクリアしましたよ
かなり前に
最近は何かあったかなあ・・
気が向いたらHACK9でもじっくりやってみようかな
少しだけやってみたけど初っ端からバランスが異常つーか
大抵の人は武器買う前に投げるんじゃ
いや、昔のファミコンのゲームがこんな感じだったような・・・
しかしリフトみたいな箱に乗ってダメージ食らうのは納得いかねー


・ゴールデンロア
キャラ作ってみた
まだ生きてる(3歳ぐらい年取った)
何もしなくていいって楽でいいね


・MTG
ハーコンと名も無き転置にストレートにボコられたので
萎縮した卑劣漢を1枚挿した
挿しただけでまだ出てこない
そうこうしてる内にファイレクシアの置物にボコられた
同色は不毛だ


・ヘルシンカー
現在7面
6ボス撃破時の残りライフ4〜5
7面開始時の残りライフ1〜2
あれえ!?

 使用キャラはデッドライアー(あきひろ)

 8面に突入
 さすがにここまで来るとステージに到達するだけでくたびれる
 と思ったところでショートミッション解放
 いいタイミングですね
 6面越えたらあとは楽という噂だったので余裕だと思ってたら8面難しいよ

 このゲーム5面以降は練習しないととても対応できない
 必要に迫られてステージを練習するってすごく珍しいかも

 8面クリアしたけどLv2だよ! また失敗した!


・大復活
また虫姫弾幕ですか?
とりあえず弾の色が一色じゃなくなった所は評価

高速の連弾で挟み込んでおいて多ウェイ+自機狙いという弾幕
があると予想


・世界樹の迷宮2
前作は2回目のエンディングまでやったのですが
つまりハマり込んだのですが
2にはあまり期待していません(新奇性なさそうなので)
でももう注文してしまいましたしそのうちやるでしょう

新奇性はもういいので、せめて前作で残念だったところは
改善していてくれるといいなあ
・最初から最後までずっと似たような敵と戦う内容(ほとんど虫とか動物)
・最初の一層ぐらいでゲームブック的イベント枯渇
・小学生が考えたような隠しボス
・小学生が考えたような後半の迷路

てか最近のRPG全部そうだけど
エンディングの後のおまけ要素はいらないよ


・モーニングタイド(MTG)
なんだか組むの大変そう
大人しく部族職業で組む>画一的になりそう(ローグとか)
空気読まない強カードを軸に組む>同上
既存のデッキに使えそうなのを混ぜる>そもそも種類がない

根本的にローウィン系は泥臭くてあまり好きになれないのだが
当分スタンダードなのだよなあ・・

 地上では斧を持ったエルフが土煙を上げながら大群で襲い掛かってくる
 空を覆い尽くす青黒い羽虫の群れは日の光を遮り
 墓場では白い異形の精霊が全てを終わらせる時を待っている・・・


・レイトン教授と悪魔の箱
昔懐かしい頭の体操にストーリーを付けたゲーム
非常に完成度が高く、普通の内容
 主人公レイトンはナゾを解くことであらゆる状況を物理法則を無視して打破する
 主人公レイトンは帽子を取ると死ぬ
 主人公レイトンは事ある毎に自分を英国紳士であると強く主張する考古学者
 ヒロイン?はストーカーでありレイトンと助手にゲーム中完全に無視される
 助手がたまにうざい
 ハムスターがとてもうざい
 映画級ナゾトキ声優陣がパッケージとマニュアルで大活躍


・PIXIV
入れるだけmixiよりマシ?
どのみち絵がないので参加できません


・皇国の守護者の漫画が面白かったから原作を読んだ
何というラノベ
この漫画は間違いなく一番良い終わり所


・エルカーエス(同人)
クリアした
結局クモの倒し方は分からなかった(体力半減剣と雨でごり押し。
まさかこれで正解ではなかろう)
難易度が後半異様に高いような気がする
パスワードで始めるとドラキュラ城のはじめからなのだが
このつらさならもう一段階ぐらい区切ってもいいんじゃないかと思った

  >クモ
  なるほど、単純に攻撃を弾く部分の判定が厳しいのか
  普通に分からないよ

  >グローラモード
  いや無理だろ
  主人公より優れている部分が何一つないし・・・
  近接系なのに射撃系の主人公よりもろいというのはどういうことなんだ


・怪物王女のファンは「面白いわけじゃないけど、なんだか好き」と
言う人が多いのだが、僕も同じ意見です。
でも最近少しずつ、面白くなってきたような?


・テンポラルエクストーション(黒黒黒黒)を相手に見せる度に至福を覚える。


・FF4?
最近のスクウェアはファルコムみたいだね。
はい、リメイクはそれはそれでいいです。
FF7ACとかFF4の続編みたいな変なもの見せてくれなきゃいいです。


・ぱちゅコン(黄昏)
ひまつぶしにはいいゲームだと思いますよ。
勢い込んでやるようなものじゃないです。























































先生と僕






















































終わり